声の奉仕会「マリア文庫」支援  代表者 中田輝次神父

ハンセン病療養所で暮らす人が点字を舌読していることを知り 野崎博子シスターを中心に音訳活動が1979年から始められました 現在も視覚障害などで読書が困難な人のために良書を選びCDやテープに音訳録音し無料貸し出して情報提供の協力に努めています SI長崎クラブは1991年から支援を続けています

☆公益法人ソロプチミスト日本財団年次贈呈式(北海道大会)に於いて2012年度ソロプチミスト日本財団賞社会ボランティア賞(社会人の部)を受賞しました

音訳録音風景

音訳録音風景

☆2014年2月SI 長崎の定例会合で支援金を贈呈しました


支援金を贈呈